イベントレポート【 アイランドシティ おそとシネマ 】

今年も映画を通じてたくさんのご縁をいただくことができました。皆さま、本当にありがとうございました!遅ればせながらも下半期のイベントレポートを連続公開いたします。

第2弾は……「 つなぐ 」をテーマに作品セレクトを担当させていただいたこちらのイベント!

福岡市東区のアイランドシティでまちづくりを行うアイランドシティ・アーバンデザインセンター( UDCIC )さまの主催で行われたアイランドシティ おそとシネマ 」です!福岡映画部では、上映作品のセレクトと作品解説&司会を担当させていただきました。

イベントと作品セレクトの詳細は、以前コラムでたっぷりご紹介させていただいておりますので、この記事では写真を中心に当日の様子をお届けしていきます。

イベントについての詳細はこちら 
作品セレクトを担当しました
「 キャスパー 」のセレクトに込めた想い

会場

会場となったのはアイランドシティ中央公園。

上映を担当されたのは、仲良くしていただいている「 いとシネマ 」チームの皆さん。

名物・可動式スクリーンに空気が送り込まれていきます…むくむくむく……。

公園の真ん中にスクリーンが出現!

「 これなーんー? 」「 映画みるとー? 」と駆け回る子どもたちの姿があちこちに。か、かわいい……!!!

マルシェも登場

会場にはフードトラックや屋台が沢山。

食べ損ねたけど美味しそうだったホットドッグ。

福岡で話題の飲食店が出店されていました。

当日はハロウィン時期ということもあり、キッズ…だけじゃなく運営チームの皆様も仮装!

まもなく開演

夕方になり日も暮れて、どんどん人が集まってきました!

さあ、いよいよ開演です!上映前のアナウンスと共に、上映作品「 キャスパー 」の作品解説を行いました。白いオバケの可愛いキャスパーは、製作当時では驚くほど膨大なデータ量のCG技術を駆使して作られた作品。今だからこそ観てほしい、懐かしの映画としてセレクトを行いました。

肌寒くなった夜空の下、体を寄せ合い作品に観入るファミリー、スクリーンそのものが楽しくて周りを駆け回る子ども達。野外上映ならではの自由な空気を楽しんでいただけたのではないでしょうか。

一番印象的だったのは、クライマックスでのかわい〜いキスシーンでのこと。それまで映画を観つつも、鬼ごっこにかくれんぼにお喋りに忙しかった子どもたちが、みんなスクリーンに釘付けになり「 お〜っ///// 」と照れた歓声が上がったのです。

どんな演出も叶わない、あまりに素直な子どもたちの反応に会場のおとなたちも思わず爆笑。さらに作品の感動が重なり、泣き笑うような多幸感溢れる映画体験となりました。

会場でもらった嬉しすぎるキッズの感想

「 映画ね、最初はオバケが出てきてちょっと怖かったけど、最後まで観たら怖くなかったよ! 」by 5歳くらいの男の子

「 ( キャスパーのおじさんの )3匹が( 人間を )びっくりさせるところが一番面白かった! 」by 7歳くらいの男の子

「 楽しかったよ( ちょっと照れながら ) 」by 3歳くらいの女の子

おねえさん、君たちのそんな顔を見れるなんて、映画の選び甲斐があるというものです!歓喜

と、思わず取り乱しかけるほど嬉しい映画の時間でした。ノリノリのエンドロールでは子どもたちもキャスパーファミリーと一緒にノリノリダンシング。司会をする筆者の足元にしがみついて「 面白かったよ〜! 」と叫んでくれる子まで!ちょっとカオス!

楽しすぎて迷子がチラホラ出るほどでしたが、みんな無事家族の元へと帰って行きました。

野外上映は大変なことも多いですが、独特の高揚感と一体感がクセになる本当に素敵な映画体験です。どうか来年もまた、この街で映画が流せますように……。

ご来場いただいた皆さま、イベントに寄せていただいた皆さま、本当にありがとうございました!

【 開催概要 】
日時|2019年10月26日(土)
会場|アイランドシティ 中央公園
主催|アイランドシティ・アーバンデザインセンター( UDCIC )

イベントや福岡映画部の活動についてのお問い合わせはこちらから
fukuokaeigabu@gmail.com

投稿を作成しました 44

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る