福岡映画部 マイクロシアター 第一回上映 + トークイベント「こども哲学 -アーダコーダのじかん-」

\福岡映画部、映画館はじめます!/

昨年12月からトークイベント企画を行ってきた福岡映画部。新たなプロジェクトとして、福岡のシェアオフィスThe company福岡パルコによる会場提供のもと、映画館企画をはじめます!

popcornという上映システムを使い、洋画に邦画、ヒューマンドラマにドキュメンタリー、ロードムービーにアクション映画、ラブストーリーにコメディだって!いろんな作品を上映していく予定です。

時には、ゲストをお呼びしてトークイベントを行ったり、コラボ企画を行ったりと、楽しい企てをお届けしていきます!

仕事帰りの夜に、映画を観て、ビール片手に乾杯しつつ、映画な話しをしませんか?☺︎

//////////////////////////////////////////////////////////

日程 : 2018年6月15日(金)
時間 : 19:30開場/20:00上映/21:00トークイベント
料金 : 2,000円
定員 : 80席
会場 :The Company(ザ・カンパニー) 福岡PARCO
◆アルコール・ソフトドリンク販売あり

※チケットの購入について※
下記URLから事前のクレジット決済が必要となります。
当日会場でのチケット購入は不可となりますのでご注意ください。
https://popcorn.theater/payments/new?event_id=871

//////////////////////////////////////////////////////////

▶作品紹介
マイクロシアター企画第1弾の上映作品はこちら!

「こども哲学 -アーダコーダのじかん-」(52分)

海と山に囲まれた神奈川県南部のちいさな町、逗子。この町に住む川辺洋平は、NPO法人こども哲学・おとな哲学アーダコーダを立ち上げ、2014年から日本全国で哲学対話の普及に取り組んでいる。そんな活動のひとつとして、2016年1月から未就学児と哲学する「こども哲学教室」が逗子でスタートした。哲学ってなんだろう。そもそも「かんがえる」ってどういうことだろう。それすらも手探りのおとなと、10人のこどもたちが、はじめて会った日からの1年間をドキュメンタリーでおいかけた。真剣なのになんだかおかしい、哲学する子どもたちの成長記録。

https://popcorn.theater/films/216

▶話し手紹介

会場には、NPO法人こども哲学・おとな哲学アーダコーダの川辺洋平さんにもお越しいただき、上映後にトークイベントを行います。

//////////////////////////////////////////////////////////

川辺洋平(かわべようへい)
NPO法人こども哲学・おとな哲学アーダコーダ代表理事。
東京学芸大学教育学部を卒業後、2014年にNPO法人こども哲学・おとな哲学アーダコーダを設立。現在、横浜国立大学大学院教育学研究科在籍。保育士、幼稚園教諭、小学校教諭、中学校教諭(美術)、高校教諭(美術)の資格を持ち、クリエイターとしても活動している。編著に『哲学する保育原理』(2018年,教育情報出版)。連載に毎日小学生新聞『本の森』『「ふつう」に生きるということ』等。
//////////////////////////////////////////////////////////

今回上映する「こども哲学アーダコーダの時間」にも出演されている川辺さん。

「実際にどんな活動をしているの?」
「活動のきっかけは?」
「こども哲学ってなに?」

作品のお話はもちろん、こどものこと、哲学対話のこと、色んなことを伺ってみたいと思います。

当日は、トークショー形式ではなく、川辺さんと参加者の皆さんが一緒にお話し出来るようなスタイルでお届けします。

ドリンク販売も行いますので、ゆるく楽しくお過ごしくださいませ☺︎

カテゴリー: NEWS
投稿を作成しました 47

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る